エログ入門編

エログは副業(ネット上の24h自動販売機)になりえるか?(壊れてませんか?)

こんにちはエログロボです。

管理人
今日はエログが副業になりえるかというお話です。

ここでのエログは、エロタレスト特化ブログのことを指してお話します。

エログに限らず、アフィリエイトサイトはインターネット上の自動販売機に例えられます。

つまり、24時間休むことなく、自分が売りたい商品を自動で売ってくれて、自分は寝ていても収益が入ってくる、夢のようなシステムです。

ポイント


結論だけ言いますと、もちろんエログは24h自販機になりえます。

ただし、本当に夢のようなシステム(寝ててもお金が入ってくる)であるかは、エログの運営の仕方次第です。

今日はジュースの自動販売機を例に、エログの運営を分析していきましょう。

ジュースの自動販売機で収益を上げる仕組みを、超ざっくり次のようにまとめました。

自動販売機の運営

  1. ジュースを仕入れる
  2. ジュースを自動販売機に充填・補充する
  3. お客さんにジュースを買ってもらう
  4. 売上金を回収する
  5. 最初に戻る

エログはインターネット上に構築するため、3の「ジュースを買ってもらう」と、4の「売上金の回収」は全自動で行うことが可能です。

問題は1の「仕入れ」と2の「充填・補充」を誰が、どのようにするかです。

それでは、それぞれの例をジュースの自動販売機を例に分析していきましょう。

ジュースの仕入れ(エロ動画)の仕入れは誰がどうやってするのか?

本物の自動販売機でも同様ですが、自動と言っても商品(ジュース)は人間が仕入れてくる必要があります。

もちろん、売り物になる品質であるかをチェックし、採算がとれる価格で仕入れる必要があります。

エログでの商品は動画のURLです。

自ら動画コンテンツを作り出すことができる人は別ですが、通常、このURLはネットから仕入れてくることになります。

この仕入れた動画がエロタレの規約や法律に違反していないかをチェックする必要があります。

エロタレスト特化ブログでは、1日あたり約20本の動画は欲しいところですので、この収集・検品作業だけでも相当なものです。

そこで管理人は気づきました。

発見


エロタレに既に掲載されている動画のURLを取ってくればいいじゃん

誰もが気が付くことだとは思いますが、エロタレに掲載されている動画は、エロタレ運営のチェックが入ったもので、ほぼ100%の確率で、NG動画はありません。

これは使うしかありません。ですが、手動でこのURLを集めるのもなかなかの作業です。

管理人
ここからエロタレストの動画収集プログラム開発が始まりました。

指定したキーワードで検索した動画のURLを一括して取得してくれるプログラムです。

これにより動画情報を収集時間は100分の1くらいに短縮されました。

需要がありましたら、ノウハウの公開や、プログラムの提供をしていきたいと思います。

では、次は、ジュースの充填・補充について見ていきましょう。

ジュースの充填・補充は誰がどうやってするのか?

本物の自動販売機でも同様、商品(ジュース)を仕入れても買ってもらえる状態にするため、自動販売機に充填する必要があります。

エログで言うと記事の公開ですね。

ジュースの販売と違うのは、お客さん(エロタレスト)が自販機の前を通り過ぎる時間帯に合わせて陳列しないと、動画の鮮度が落ちて、誰も見向きをしない古い動画になってしまうところです。

お客さん(エロタレスト)が来るタイミングに合わせて、冷え冷えのジュースを提供する必要があるのです。

しかも、このお客さんはわがままで、1週間以内に他の自販機で飲んだジュースには目もくれません。

それどころかペナルティで、表示遅延(タダ飲み)するという仕打ち。

エログロボでは、このような難しいお客さんを相手にするのは人間業では無理と判断しました。

というわけで、やはり…

管理人
エロタレストの記事自動公開プログラム開発が始まりました。

100%手動でエロタレ特化ブログを運営している人がいるのならば、本当に話を聞かせていただきたい!

このブラック企業を相手に、どのようにブログを運営しているのかと。

結論


エログ運営を自動化する仕組みを構築すれば、エログは立派な副業になります!!

-エログ入門編

© 2021 エログロボ